JOKER PROJECT PRESENTS

勇者と魔王の最終決戦

【ゲームルール】

 

ある人は魔王復活を望む魔王軍。

ある人は世界を守る勇者。

全員にはそれぞれ役職が与えられます。

魔王軍は10名程度、勇者は2名程度となります。
魔王軍の中には、勇者を見分けられたり、

他の人を守ることができたりといった特徴を持つ者もいます。

しかし、誰がどの役職であるかは自分以外分かりません。

隣にいる人は魔王軍かもしれないし、勇者かもしれません。
 

勇者は最大2名います。

勇者同士はゲーム中お互いを認識することができます。

【勝利条件】

魔王軍:最終的に勇者を全てイケニエに捧げる
勇者:生き残っている魔王軍と勇者の数を
同数にする

【ゲームの流れ】

ゲームは[昼のターン]と[夜のターン]を交互に繰り返します。

 

[昼のターン]
全員大広間に集まり話し合いを行います。

勇者と疑わしい人物を投票により1名イケニエに捧げます。

[夜のターン]
各個人の個室へと入ります。

外で何が行われているかは分かりません。
勇者は魔王軍の数を減らすため1名倒します。
魔王軍の中で能力を持つ人は、それぞれの能力を使用します。

 

イケニエにされたり勇者に倒された人は、

以後昼の話し合いには参加できません。

しかし夜の間だけ現れる「天界エリア」に集まり、

自由に話し合うことができます。

ゲームは、どちらかが勝利するまで繰り返されます。

【役職】

画像クリックで詳細が確認できます

【勇者サイド】勇者

【勇者サイド】勇者

能力:毎晩仲間と会話を行うことができる。 また、毎晩魔王軍を1人倒すことができる。

【魔王軍サイド】信者

【魔王軍サイド】信者

能力:特になし。魔王様への忠誠心は誰にも負けない。他の信者を出し抜いてやるという野心もある。

【魔王軍サイド】預言者

【魔王軍サイド】預言者

能力:毎晩1人、指定した人物が「魔王軍」に属する者か「勇者」かを知ることが出来る。

【魔王軍サイド】死霊使い

【魔王軍サイド】死霊使い

能力:昨日イケニエに捧げた人物が「魔王軍」に属する者か「勇者」かを知ることが出来る。

【魔王軍サイド】守護者

【魔王軍サイド】守護者

能力:夜の間、指定した人物に防御魔法をかけ、勇者の攻撃から守る事ができる。ただし自分は守れない。

【魔王軍サイド】共感者

【魔王軍サイド】共感者

能力:共有者同士はお互いを知ることができる。 毎晩2人だけの会話を行うことが出来る。

【勇者サイド】背教者

【勇者サイド】背教者

能力:特になし。魔王軍にいながら世界の平和を願っている。だれが勇者かは分からないが、勇者が勝利することが自分の勝利条件。

🄫2016 JOKER PROJECT all rights reseved

茨城県土浦市 | イベント企画・制作・運営団体 JOKER PROJECT