JOKER NaZo No.27 解説

ついこの前9月になったと思いきや、あっというまに10月に突入ですか。はぁ、こうやって年を重ねると1年が早く感じるというのもあながち間違いではなさそうですねぇ・・・。

そういえば昨日、新たにメンバー紹介ブログが更新されましたが見てくれましたか?え、みんなもう見てるの!?ちょっと、解説ブログも飽きずにしっかりと読んでくださいね?

では先週の謎の解説をしていきます。コチラ!

今回は川柳でしたが、なかなかの難問だったかもしれません!

まず何をしたらいいのかということで詰まっていた方が多かったかと思います。

さて、この川柳どこか季節を感じる感じがしませんか?

うーん、季節を感じないのはあれですかね。“季語”!

これがないからなのかも?

いやいや、謎的には実は“季語”が隠れているんですよー?

そういえばこの問題に関して、ヒントが掲載されたのはご存知でしょうか?

これによると、それぞれ1行ごとに考えていくことが重要みたいですね。

そしてこれら3つの行に共通するものを見つける必要があるようです。

そこで、それぞれを言い換えるということにしてみましょう!

たとえば3行目の「ききめ」というのは、効き目と変換でき、「効能・効用」などを連想することが出来るかもしれません。

2行目の「気分高まる」というのは、「高揚する」と置き換えることも出来ますね。

そう、このようにして各行から連想できる言葉を考えていくと、共通する1つの単語が出てきます。

それは、

「こうよう」

つまり、

というわけで、正解の秋の風物詩は、『紅葉』というわけでした!

秋ということで、だんだん気温も落ち着いてきて、どこかにお出かけされる方もいるのではないでしょか?

そんなみなさんに朗報です!