JOKER NaZo No.43 解説

どうもこんばんわ。先日は「Wish and Memory Tour」初演を開催することができました。

茨城公演というのもあり、人数が集まるのかが不安でしたが、結果的に大勢の方がお越しくださいました。緊張と感動でガクブルしておりますゆきドラです。

さて先週の謎の解説をしていきます。謎はコチラ

友達から一冊の本が薦められました。

文京区で行われた舞台で、どんな演出がなされたのかがすごく気になりますねぇ。

スマホの電波が機械に若干の干渉をもたらすようです。

そんなに繊細な機械ってなんなんだろう・・・。

とまぁ、本の内容はおいておき、今回はその本に挟まっていたしおりが問題になっているようです。

「しおりで挟んである文字を読んでね」

ですって?

しおりとは本来、挟むものではなく挟まれるものです。

では、しおりで挟んであるとはどういうことなのでしょうか・・・。

「しおり」で挟む?

うーん、少し本文に目を移してみましょう。

普通の文章のような気がするんですがねぇ。なにかおかしな点とかありますか??

あえて言うなら、そんな落ち着いた喫茶店でコーヒーを飲みたいですが。

とそんなのはいいとして・・・。

おやー?ちょっとここ見てくださいよ。

おや、こんなところに「し」「お」「り」の文字が一直線に並んでいるじゃないですか!

これは、偶然!?

ではなさそう。ほら「しおり」で挟んであるところ読めそうですよ!

おー、しおりが挟んでいたのは『文学』ですね!

というわけで今回の謎の答えは『文学』でした・・・、というわけではありません。

なぜなら、「こたえは3文字♪」ですってw

じゃあ文学を別のものに変換していけばいいのか?

うーん、文学をいくら変換しても何もなさそう。。。

なんだろう。。。